2006年09月30日

Eskju Divine

Eskju Divine

Eskju_jacket01.jpg Eskju_member01.jpg


先日myspaceのほうにリクエストがきていたスウェーデンの3人組です。
ギターレスのピアノトリオ。
「北欧」と聴いて反応する人にはツボなんでないでしょうか。

ファルセットのきいたボーカルにピアノやストリングスもフィーチャーされた演奏。
耽美的な世界へと羽ばたいていくような、そんな感覚になります。


Mew、Sigur Ros、Poor Rich Onesあたりの北欧てんこ盛りな感じです。

Official : http://www.eskjudivine.com/
Myspace : http://www.myspace.com/eskjudivine






posted by あきら at 01:19| indie rock | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

aikoが好きなんだってば vol.1

aiko_kanojo01.jpg
aikoがどれくらい好きかということをクドクド語りだすと面倒なので、aikoの曲紹介をすることで「あ、この人ほんとにaiko好きなのね」と思ってもらうためのコーナー。

記念すべき第一回は新作「彼女」から「気付かれないように」を。

この曲は曲云々とかでなくて圧倒的に詞が切なくて良いのです。
設定としては元カレと女の子が会うんだけど女の子のほうは少し未練があるって設定です。
「隣であるあたしに あなたは前を向き話しかける」とかもう目に浮かぶ。
ベンチに並んで腰掛けてはみたものの、もう付き合ってるわけではないしお互いちょっぴりどうしていいかわからない恥ずかしさみたいなもどかしさみたいな。
女の子が「さりげない返事装い あたしもよそ見をして」ってしちゃうとこがまたいいですよね。
ちょっと強がるとこがいいんです。
「色んなこと聞きたかった 〜中略〜 このままだって十分じゃない 手に爪の痕」
「勇気を出して笑って問いかけた 今のこと今の彼女」
「すごく好きだよと照れて髪を触る 昔のあなたを見た」
もうこの辺で切なさマックスですね。「手に爪の痕」を作りながらも「笑って」問いかけるところがすごくたまらないです。

最後は前向きにがんばろう、ってとこで歌が終わるわけですが、上に書いたあたりが僕にはツボでツボでしょうがなくてこの曲が大好きになりました。

「彼女」は特にいい曲が多いですがその中でもお薦めの曲です。


・・・・・・結局クドクド語りだしてるのはまぁいいや。
posted by あきら at 01:18| aiko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。